来期の計画

栽培地拡張に伴い基本品種の策定

DSCN4684.jpg
キウイ今年枯らしましたので補充予定

DSCN4680.jpg
せとかも手入れ不良ですが 最終摘果の時期です

DSCN4672.jpg
ミントが活動を開始しました

DSCN4686.jpg
何か探しているようです

DSCN4656.jpg
何か見つけたようです
DSCN4677.jpg
よく見たらイチジクでした
DSCN4654.jpg
伐採した未だ熟れていないイチジクですがいくらか甘みがあるのでしょう
除草剤は切残したところにかけてます(ミント対策)

DSCN4665.jpg
梨栽培の最大の弊害である赤星病源であるカイズカイブキは伐採しましたが 焼け石に水でしょう

DSCN4667.jpg
DSCN4650.jpg
DSCN4651.jpg
DSCN4688.jpg
裏の東隣・無人宅西側・南側・東側と東隣の伊吹が とても元気で4~50年生です
   大好きな梨 来年一年赤星病対策を重点課題とします


DSCN4690.jpg
DSCN4691.jpg
前回も記録しましたが果物の味がしません ブロッコリーの茎の方が未だマシでした 梨の花粉で受精したのですが種は出来ていました 師匠に芯腐れ病を指摘されていましたが最後の2個も同じ症状でした
  来年リベンジします

   最後までご覧戴き有り難うございます、此からも応援をよろしくお願いいたします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

リンゴは残念でした。
それでも期待感は十分味わえたのではないでしょうか。
心かび病。
害虫だけでなく、カビや細菌も侮れません。
私もリンゴは面白い果物だと実感し始めています。
数年の間に600g越えを果たしたいと思います。

カイズカイブキは吉凶の方角があります。
南にある場合。
これが一番キツイかもしれません。
春、大抵雨風は南からが多いですね。
カイズカイブキの開花時期の雨風は要注意です。
赤星病は治療薬がありますので何とかなります。
私の場合は『インダーフロアブル』。
予防から治癒効果まで備えていますので。
防除は雨が降った後と言うより、雨が降る前日にやる場合が多いですね。

日本一の果実師匠さんへ

コメント有り難うございます

お陰様でリンゴも大変貴重な体験させて頂きました、来年は美味しく食べられるリンゴに挑戦します。

梨も私の好きな果実ですので何とか美味しく収獲したいものです、幸い南は一軒前の道路側には伊吹は有りますが、我が家の辺りは雨風は南東からが多く影響を受けにくいかと思います。
薬品類はアンビル・アフェット・チオノック・アンビル フロアブルを用意していますので赤星黒星は発生しませんでしたが散布のタイミングが判らず困りました。
問題は狭い処に鉢を詰め込みすぎ風通しが悪く蒸れて葉ダニの増殖被害での対応が遅れで葉が殆ど枯れました。
未経験の無知えの警告でした、単細胞ですから赤黒星に気を取られての失敗でした。

Re: 手の掛からない野菜につて

こんばんは

300坪に80種類の農作物ですか、其れもお一人で手掛けるとは想像も出来ない作業です。
そんなお忙しい処に変なお願いをして済みませんでした。

私の畑は10坪ばかりの狭い処です、今回戴いたアドバイスを参考にボソボソっと手掛けてみます。

大変でしょうが趣味と実益の両立が出来感心しました、ブログだけでもまともに出来ない私が恥ずかしいです。

お体に気をつけて頑張って下さい、大変有り難う御座いました。
プロフィール

ベスト果実

Author:ベスト果実
瀬戸内の小さな庭で、好きな果樹のベスト果実を愛犬と共に愉しみながら目指しています。

ランキングに参加しています ポチッとお願い致します

にほんブログ村
にほんブログ村
カテゴリ
アクセスカウンター
月別アーカイブ
リンク